柳川川下りって、どんなもの?

柳川の川下りは「お堀めぐり」です。
柳川市は市全体に「堀」が大規模に巡る「水郷のまち」です。
これはもともと海に近い低くじめじめした湿地帯に「堀」を掘り、掘り起こした泥を盛り上げて乾田をつくり、「堀」は貯水池として生活用水、農業用水、さらには地下水を涵養し地盤沈下を防ぐなど、他に代替できない機能で、柳川の人々の生活、柳川土地全体を支えてきました。
柳川の光や緑をそのまま水面に映し、清らかなやさしい水の流れであっても、力強く私たちを支えてくれる 「堀割」を船頭さんのさす竿に任せてめぐっていく、ひとときの舟旅が柳川の川下りです。
そんなお堀のやさしさに、身も心もゆだねてみませんか?
ぜったい、ぜったい、よかもんばんも。柳川においでめせ!

 

柳川の春

堀岸には鮮やかな桃の花をのぞかせて、柳の葉っぱも目覚めたかのように色づき始めます。
あたたかい日差しの中に、船頭さん自慢の舟歌を聞きながら、ゆっくり、ゆっくり、どんこ舟で…

spring

2月11日~4月3日 柳川雛祭り さげもんめぐり

この時期、商店街や各施設などいっせいに雛飾りをしています。
「さげもん」とよばれる柳川ならではの雛飾りは、とても華やかできらびやかです。
女性はいくつになっても、この「さげもん」をみると、心踊らされます。

2018年3月18日 おひな様水上パレード

稚児さんたちのあどけないかわいさいっぱい!水上がとても賑やかになります。

4月3日 流し雛祭

5月3日~5日 沖端水天宮祭

神社横の堀割に舟舞台を浮かべ、囃子や芝居が奉納されます。

 

柳川の夏

ギラギラした太陽の下で活気よく竿をさす船頭さん。お舟をスタートさせると、次第にお堀によりそう木々たちが太陽の光をさえぎり、自分たちが主役だと言わんばかりに、私たちになびいてきます。
夏の暑さはいつのまにか忘れて、ゆっくり、ゆっくり、どんこ舟で…

summer

5月下旬~6月上旬 花しょうぶと川下り

川下りコース沿いでお楽しみ頂けます。

7月~9月初旬 納涼船

暑い夏の夕涼み、うちわ片手にお出かけください。
お弁当やビールの船積みも可能です。

 

柳川の秋

真っ赤に燃えるハゼの並木。
紅く色づいた木々たちに囲まれて、静かに聞こえるのは、お堀の水面のせせらぎ。
秋の哀愁に、竿をさす船頭さんの舟歌は、日ごろの疲れを忘れさせます。
うなぎの香ばしい香りに誘われて、ゆっくり、ゆっくり、どんこ舟で…

autumnhakushusai

9月・10月 満月の日前後 観月船

お月さまを観ながら一句と洒落てみませんか?
2018年9月25日、10月25日が満月です。

2018年10月6日~8日 おにぎえ

三柱神社秋の大祭で、境内には露店や見世物小屋が立ち並びます。
大賑わいすることから訛って、「おにぎえ」です。

11月2日 白秋祭(ようきめしたのも)

柳川の有名人といえば、詩人、北原白秋。
亡くなる最後まで、故郷柳川への思いを詩い、後世にその作品を遺しました。
その白秋先生の御命日です。

11月1日~3日 白秋祭水上パレード

夕刻18時に城堀水門より順次川下りに出発いたします。
今年もたくさんのお客様が柳川においでになりました。
みなさん1年も前からこの日を楽しみにされておられたとか・・・
今年も盛大に盛り上がりました。

 

柳川の冬

冷たい風がほほをつく冬は暖かい火が恋しくてたまりません。
火鉢で暖めたこたつを舟に乗せ、みなさんをお堀の旅にご案内いたします。
元気な声は年中無休の船頭さんといっしょに、ゆっくり、ゆっくり、こたつ舟で…

winter

12月1日~2月末日まで

暖かいこたつ舟で運航(雨天不可)
この時期、熱燗もご用意しております(有料)。ぜひご利用ください。

1月25日 白秋生誕祭

2018年2月16日16:00~23日10:00 城堀落水(堀干し)

めったに見ることのできない、「素っ裸の堀割」を観ることができます。
古くから、そして今も変わらず、惜しみない恵みをもたらしてくれている
堀割と、その恵みを永く守ってきた人々に感謝をこめて「水落し」をおこないます。
この期間は水門を閉じ、堀割の水を抜き、堀底に陽の光を透して、清掃・整備を行い、堀に対してのおもいを限りなく注いでいきます。
堀のおやすみ期間です。 「水落とし」は、永く堀を守っていく水郷柳川にとって、とても大切な知恵なのです。

3月1日 水郷柳川お堀開き

水落し期間が終わると水門をいっせいに開きます。
堀開きの儀式を済ませると、水郷柳川の新たなシーズンの幕開けです。
清らかな水が流れ込んで、また一年、堀割は柳川を力強く支えてくれます。